読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おもてなしの最新レビューならココッ 2017年度

一気に1日で読めた。。私も自分の県をもっと好きになりたいし、観光で盛り上がってほしいと感じました。

下記の商品です♪

2017年03月01日 ランキング上位商品↑

おもてなし県庁おもてなし課 [ 有川浩 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

映画も見たかったな〜自分も関係業者の1人ですので、とても興味深く、掛水君になったつもりで清遠さん、吉門君の問いかけに答えを考えながら、読み進みました。まだ読んでないのですが!期待を込めて☆4つ♪映画の配役!ばっちしですね。「他県から人を呼び込むにはどうすれば良いのか?」四国高知が舞台となった小説ですが、有川作品には常の「恋愛」だけでなく、「経済」の話も盛り込まれています。映画化されていたので購入。映画を見る前に読もうと思っていたのですが忙しくて読めず!映画も見に行けずに終わりました。有川浩さんの作品は面白いし、映画化されるということで、買ってみました。役人と一般人の差が読んでて非常に面白かったです。ロマンスに関してはベタな感じはあるものの!嫌味な感じはないし!爽やかに読めます。娘も好きらしく!久しぶりに共通の話題で盛り上がりました。映画化されるのでどんなものかと買ってみました。が出るのを待ってました!届くのが楽しみです☆予約で購入しました。町興しとか行政のお役所感覚とかあまり考えたことのなかったテーマで面白く!身近な話なので共感することが多かったです。また!それが分かりやすいんだわ!相当!緻密に取材をされて執筆されたんだろうなぁ・・・リアルな現実にフィクションの小説がその間に織り込まれているから!共感もしやすい。面白い!お役所仕事へのチクチクとした嫌味もいい感じで、県庁に勤めている友人にぜひ読ませたいです。読んでいると!自分が掛水になったような気になっちゃいます。やっと時間ができたので読み始めたところ、面白く、グイグイ引き込まれ、あっという間に読み終わってしまいました。映画化が決まっていたので、主人公の掛水は錦戸亮君をそのまま頭に描きながら読みました。スリルあふれる展開で思わずガッツポーズをしたくなるシーンもあり、また実務書としても興味深く読めました・(^^;;本の帯は映画化の宣伝一色ですが、さて見たものかどうか・?内容も面白かったです。でも私のイメージでは多紀ちゃんは堀北真紀ちゃんではなかったなあ。また!観光立国を目指す日本へのサジェスチョンとしての志も高い作品です。日常の人々が描かれていて好きです。「お仕事」の話がメインですが、そこにちょいちょい恋愛要素が入って来て、ほんの短い表現で大事なことに触れるということが多くて、せっかちに先を急いで読んでしまう自分は、かなり見落としをするんですね。それでついつい・・・二度読みしても面白いのが有川作品のステキなところです。とっても楽しみです。ロマンスの要素もいい具合に盛り込まれています。高知に行ってみたくなりました。映画も見てみたいかな〜。読んでいて!高知に行きたくなりました。4/5発売予定。誰もが似たような経験が少しはあるのでは?と思いました。地域活性化という!小説のテーマとしては敬遠されがちなものも!さらっと読ませる技は大したものだと思います。有川作品はついつい二度読みしてしまいます。有川 浩さんの小説好きです。文庫になるのを待ってました。おもしろかったです。おすすめ。文庫になるのをずっと待っていました。高知県をレンタカーで周りたくなった。